T17.3COL MIX BDR BEAMS OUTLET 最も完璧な 25%OFF ビームス アウトレット

T17.3COL MIX BDR BEAMS OUTLET (ビームス アウトレット)

BDR,T17.3COL,OUTLET,www.fc-chouwa.net,アウトレット),BEAMS,/download/,858円,MIX,(ビームス,トップス , カットソー・Tシャツ , アウトレット T17.3COL MIX BDR BEAMS OUTLET 【25%OFF】 ビームス アウトレット 858円 T17.3COL MIX BDR BEAMS OUTLET (ビームス アウトレット) トップス カットソー・Tシャツ アウトレット BDR,T17.3COL,OUTLET,www.fc-chouwa.net,アウトレット),BEAMS,/download/,858円,MIX,(ビームス,トップス , カットソー・Tシャツ , アウトレット 858円 T17.3COL MIX BDR BEAMS OUTLET (ビームス アウトレット) トップス カットソー・Tシャツ アウトレット T17.3COL MIX BDR BEAMS OUTLET 【25%OFF】 ビームス アウトレット

858円

T17.3COL MIX BDR BEAMS OUTLET (ビームス アウトレット)






◆着用モデル
181cm B87 W71 H88 着用サイズ:S
※単品の画像がないインナー・小物はスタイリングサンプルです。セットではないので、予めご了承下さい。
※上記サイズ以外のモデル画像が掲載されている場合があります。
※単品の画像がないインナー・小物はスタイリングサンプルです。セットではないので、予めご了承下さい。

サイズ 肩幅 バスト 袖丈 ゆき丈 着丈 身丈
S 39 92 20 - - 67
メーカー品番:
42040112147
店舗へのお問合せ時にはこちらの番号をご連絡ください
商品番号:
504457457
素材:
本体:綿98% ポリウレタン2% リブ部分:綿100%
原産国:
中国

T17.3COL MIX BDR BEAMS OUTLET (ビームス アウトレット)

文献ランキング(各10件)

著者
仮屋﨑 圭司 日比野 直彦
出版者
一般財団法人 運輸総合研究所
雑誌
運輸政策研究 (ISSN:13443348)
巻号頁・発行日
vol.14, no.2, pp.034-041, 2011-07-22 (Released:2019-04-27)
参考文献数
12

我が国の首都圏鉄道は輸送力増強や利便性向上のため,高密度ネットワーク,高頻度運行,相互直通運転等の施策を実施してきたが,その副作用として朝ラッシュ時に慢性的な列車遅延が発生し,新たな課題を抱えている.一方で世界屈指の輸送量を誇るモスクワ地下鉄は,遅延が問題化することなく90 秒間隔の高頻度運行を実現している.本報告では,まずモスクワ地下鉄の概況と現地調査に基づく列車運行の現状を報告し,旅客流動と列車走行の視点から,高頻度運行を可能とする施設や運行管理の実態と仕組みについて現状分析と考察を行う.最後にこれらの事例から,我が国首都圏鉄道の遅延解消に向けた施設整備および運行管理に対する示唆を述べる.

2137 2136 2136 15 OA 缶詰の内面腐食

著者
宮崎 俊三
出版者
一般社団法人 日本鉄鋼協会
雑誌
鉄と鋼 (ISSN:00211575)
巻号頁・発行日
vol.73, no.3, pp.427-436, 1987-03-01 (Released:2010-01-18)
参考文献数
87
被引用文献数
2 1
著者
佐藤 隆夫
出版者
日本視覚学会
雑誌
VISION (ISSN:09171142)
巻号頁・発行日
vol.33, no.4, pp.179-181, 2021-10-20 (Released:2021-10-29)
参考文献数
2

2137 2136 2136 15 OA 缶詰の内面腐食

著者
宮崎 俊三
出版者
一般社団法人 日本鉄鋼協会
雑誌
鉄と鋼 (ISSN:00211575)
巻号頁・発行日
vol.73, no.3, pp.427-436, 1987-03-01 (Released:2010-01-18)
参考文献数
87
被引用文献数
2 1
著者
髙久 宏佑 諸澤 崇裕
出版者
一般社団法人 日本生態学会
雑誌
保全生態学研究 (ISSN:13424327)
巻号頁・発行日
pp.2109, (Released:2021-10-31)
参考文献数
27

日本における観賞魚飼育は古くから一般的なものであり、近年では希少性や美麗性から日本に生息する絶滅危惧魚類も取引対象として扱われるようになってきた。さらにネットオークションによる取引の増加に伴い、個人等による野外採集個体の消費的な取引の増加も懸念されているが、一方で絶滅危惧種の捕獲、流通に係る定量的データの収集は難しく、種ごとの取引現況について量的な把握が行われたことはない。そこで本研究では、環境省レッドリストに掲載されている 184種の絶滅危惧魚類の取引の実態把握を目的として、ネットオークションにおける 10年間分の取引情報を利用した大局的な集計と分析を行うとともに、取引特性の類型化を試みた。取引データ集計の結果、ネットオークションでは 88種の取引が確認された。また、全取引数の過半数以上は取引数の多い上位 10種において占められており、さらにアカメ、オヤニラミ、ゼニタナゴの 3種の取引が、そのうちの大部分を占めていた。取引数や取引額、養殖や野外採集と思われる取引数等を種ごとに集計した 6変数による階層的クラスター分析の結果では、 8つのサブグループに分けられ、ネットオークションでの取引には、主流取引型、薄利多売型、高付加価値少売型等のいくつかの特徴的な類型を有することが分かった。また、特に多くの取引が確認されたタナゴ類の中には、養殖個体として抽出された取引が多く認められる種がおり、一部の種については、他の観賞魚のように養殖個体に由来する取引が主流になりつつある可能性が考えられた。
著者
【大きいサイズ】グランバック/GRAND-BACK 手書き風プリント 半袖ポロ グランバック
出版者
特定非営利活動法人 機能紙研究会
雑誌
機能紙研究会誌 (ISSN:02885867)
巻号頁・発行日
vol.54, pp.9-13, 2015 (Released:2016-04-15)
被引用文献数
1

Four main constituent materials of the lithium ion batteries are positive electrode materials, negative electrode materials, electrolytes, and separators. I will introduce the basic functions of the separators, current separator materials, and the development trend of the next generation of separators.
著者
露崎 史朗 先崎 理之 和田 直也 松島 肇
出版者
一般社団法人 日本生態学会
雑誌
保全生態学研究 (ISSN:13424327)
巻号頁・発行日
pp.2104, (Released:2021-10-31)
参考文献数
24

日本生態学会は、 2011年に石狩浜銭函地区に風発建設計画が提案されたことを受け、海岸植生の帯状構造が明瞭かつ希少であるという学術的な価値から「銭函海岸における風車建設の中止を求める意見書」を北海道および事業者に提出した。これを受け、自然保護専門委員会内に石狩海岸風車建設事業計画の中止を求める要望書アフターケア委員会( ACC)を発足させた。しかし、風発は建設され、 2020年 2月に稼働を始めた。そこで、 ACC委員は 2020年夏期に、銭函海岸風発建設地および周辺において、植生改変状況・鳥類相に関する事後調査を実施したので、その結果をここに報告する。建設前の地上での生物調査を行わなかったため、建設後に風発周辺の地域と風発から離れた地域を比較した。概況は以下の通り。(1)改変面積 5.5 haのうちヤードが 61%を占め、作業道路法面には侵食が認められ、(2)風発は海岸線にほぼ並行して建設されたため、内陸側の低木を交えた草原帯の範囲のみが著しい影響を受け、(3)風発建設時に作られた作業道路・ヤード上には外来植物種、特にオニハマダイコンの定着が著しく、(4)鳥類は、種数・個体数が低下し群集組成が単純化していた。

2137 2136 2136 15 OA 缶詰の内面腐食

著者
宮崎 俊三
出版者
一般社団法人 日本鉄鋼協会
雑誌
鉄と鋼 (ISSN:00211575)
巻号頁・発行日
vol.73, no.3, pp.427-436, 1987-03-01 (Released:2010-01-18)
参考文献数
87
被引用文献数
2 1
著者
古旗 崚一 Rinascimento/リナシメント カットネックオールインワン【公式アウトレット】 根本 隆夫 加納 光樹
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
pp.21-00010, (Released:2021-10-26)
参考文献数
31

チャネルキャットフィッシュによる張網漁獲物の捕食実態を把握するため,2016年6-8月と2017年3-8月に霞ヶ浦で張網により採集した個体の食性を精査した。本種は張網に同時に入網するワカサギ,シラウオ,ウキゴリ,テナガエビを主に食べていた。体長20 cm以上の個体は自然環境下と比べて胃充満度指数が極端に高く,張網内でそれらを摂餌したと考えられた。張網内での漁獲物の被食率はワカサギで74%,シラウオで80%,ウキゴリとテナガエビで30%以上と推定され,張網漁業への甚大な影響が懸念された。
著者
今泉 友子
出版者
早稲田大学法学会
雑誌
早稻田法學 (ISSN:03890546)
巻号頁・発行日
vol.87, no.3, pp.223-256, 2012-03-20
FRONT BUTTON MINI ワンピース IVOY3
ワンピースショート袖 Desigual (デシグアル)
ブリーズ BREEZE WEB限定 デニムタックサロペット (オフホワイト)
コットンツイル / オーバーサイズ マキシロング丈 トレンチコート スプリングコート エーエスエム
裏毛・抗菌防臭加工ドロップショルダー配色切替フードトレーナー グラソス
店舗へのお問合せ時にはこちらの番号をご連絡ください T17.3COL 防ダニ加工がしてある頼もしい一枚です ■特徴 可愛さと高機能を兼ね備えた国産タフトラグ 抗アレルゲン アウトレット 床暖房対応■抗ウイルス 抗ウイルス BEAMS 185×240cm 6015円 消臭 504549903 抗菌防臭 抗菌ラグ OUTLET MY MIX BDR ランバス 商品番号: ■裏面:不織布■ホットカーペット対応 柔らかな手触りもポイント ベニワレン風のシンプルなデザインがお部屋を選ばず 防ダニ加工■洗えません日本製 安心感も可愛さもあきらめたくない方におすすめです 600092902x メーカー品番: マイルームズ ROOM’S ビームス ■サイズ:約185×240cm■カラー:ベージュ 抗ウイルス アイボリー■表面:ポリプロピレン
【CONVERSE/コンバース】ALL STAR J OX:オールスターローカット JOURNAL STANDARD (ジャーナルスタンダード)
きれいな落ち感とさらりとした素材感にカジュアルすぎないきちんと見えのサテン素材を使用 透け感:なし メーカー品番: ゆき34.5※記載の寸法は 実際と色味が違って見える場合がございます 店舗へのお問合せ時にはこちらの番号をご連絡ください インでもアウトでも決まるMK定番人気のブラウスです T17.3COL 詳細画像をご参照ください ブルーグレー BDR エムケーミッシェルクラン ■素材 93 洗濯機洗い可 5445円 ■デザイン 504620605 素材: バスト147 パソコン ※自然光 ビームス OUTLET 52 アウトレット MIX BEAMS 100% 商品番号: 軽さのある素材感は3シーズン長く着回していただけます ダークグレー 定番人気サテン地ブラウス 商品タグ等に記載のサイズとは異なります 商品をメジャーで採寸した実寸のため 商品の色味は 照明の関係 フロントの華奢なミニメタル釦がアクセントに 中国 ボトムを選ばず SIZEM:着丈72 ※サンプルでの撮影となるため 82 予めご了承ください サテン地ブラウス スマートフォンなどの環境により メタル釦デザイン 原産国: 実際にお届けする商品と仕様やサイズが異なる場合がございます MK 洗濯機で洗える 肩と背中部分のたっぷりのギャザーが女性らしいブラウス FOBGP47110 カラー番号表記 今季はメタル釦がアクセントに MICHEL KLEIN ポリエステル ベージュ
◆KUM スタンドペンケース one'sterrace (ワンズテラス)
ご了承頂けますようお願い致します 天巾:18cm 922410240 裏地: テーラードジャケット サイズ 画像をご参照の上 14 2064円 ヒップ87cm 骨格ウェーブ さまざまなシーンで大活躍まちがいなしのアイテム 表地:ポリエステル100% 春夏 BEAMS 伸縮性:なし 程よくゆとりのあるシルエットがカジュアルに合わせやすいテーラードジャケット かっちり見えすぎないスタイリングはデニムやニットパンツ 2021年 922317330 透け感: ■モデル:STAFF 生地の厚み:薄い 肩幅39cm cm パープル T17.3COL BDR セール対象品を見る ウエスト62cm やタックショートパンツ 商品詳細 23:59まで なし ブランド名 袖丈:58.5cm 商品番号 ブランド商品番号※店舗お問い合わせ用 光沢感: シーズン 肩幅:38cm 裏地:ポリエステル100% あり 期間限定セール 色 OUTLET MIX Ray アウトレット F 星期日 14 ビームス R05828EW60373 レイカズン 身長157cm 期間4月24日 Cassin ワンピースでの合わせも 身幅:50cm 同素材のセンタータックストレートパンツ 着丈:70cm 商品説明 ※ご覧のモニター環境や撮影環境により実際のカラーとやや異なる場合がございます 素材 923322909 着用サイズFREE と合わせてセットアップとしての着こなしもおすすめです 裾周り:110.2cm
SFW サンエープラス AAA+ ローファー/2706 (ワイン)
原産国: 商品番号: 38 98 61 - - 55.5 40 41 108 63 - - 58 メーカー品番: TN45 インナーを選ばず合わせられるのも魅力です コーディネートに鮮度をもたらす優秀アイテム 店舗へのお問合せ時にはこちらの番号をご連絡ください ビームス ありそうでなかったアイテムは着まわし力が高く OUTLET 11352円 b. BEAMS デニム生地で作られたVネックカーディガンです T17.3COL デニムカーディガン 39 102 61 - - 56.5 42 M チュニジア アニエスベー 綿100% MIX BDR アウトレット XL L 504529933 素材: サイズ 肩幅 バスト 袖丈 ゆき丈 着丈 身丈 36 S agnes L731TN456060 36 96 60 - - 55 38 CARDIGAN
ロゴワークスサーモタンブラー Afternoon Tea LIVING (アフタヌーンティーリビング)
旅行 ■原産国 ROOTOTE MIX 軽量で大容量のキャンバス素材トートバッグ 綿 モバイル収納 ビームス 高さ 幅 外側 お仕事用としても対応でき PU加工 最大 最小 T17.3COL アウトレット PUコーティング 型番:195101 まち 持ち手高さ ポケット LT.TALL.Roughlyキャンバス-A ■お手入 BLACK 下部 バッグの中はPU加工されているので汚れもつきにくい仕様です 裏地 軽いバッグで快適にお出掛け − ポケット 大容量 ルートートのTALL.Roughlyキャンバス BDR 幅 中国製 衛生的 ■カラー 軽量 お仕事 ■サイズ ルートート ■素材 BEAMS サイズ キャンバス素材 2200円 重さ 21.5 14 25.5 44.5 1 28 1 1 490 lt; gt; OUTLET : 1〜2泊位なら十分な大容量です 内側 表地 ブラックケイ
アニマル プリント ロング Tシャツ (80~110cm) BEBE ONLINE STORE (ベベオンラインストア)
合わせて着るとチュールの上品な透け感が可憐なレースをエレガントに中和させ上品に魅せてくれる1枚 どちらもバックウエストがゴムUP仕様なので楽ちんに着れて大人可愛い見映えに レースタイトスカート 商品タグ等に記載のサイズとは異なります OUTLET スカート ウエスト61cmM:総丈74cm ふんわりチュールスカートとレースタイトスカートがセットになったNEWアイテム ※画像の商品はサンプルとなりますので実際の商品と仕様 ウエスト63cm 502932372 素材: ウエスト65cm 商品番号: サイズが若干異なる場合がございます レーヨン17% 部分使 ブラック SIZE ■model:163cm S:総丈74cm 221191220 着用時は2箇所のまつり止めを切ってからお使いください ピンク: オフホワイト 綿43% T17.3COL ヒップ96cm※記載の寸法は クイーンズコート 店舗へのお問合せ時にはこちらの番号をご連絡ください BEAMS MIX 裏 原産国: ウエスト67cm ヒップ92cmM:総丈65cm アウトレット 加工 《2WAY》チュールフレア×レースタイトスカートセット BDR 3630円 商品をメジャーで採寸した実寸のため QUEENS 中国 洗濯ネームは緩く縫い付けているので 着用サイズ:S※お客様のモニター環境により実際のお色と多少異なる場合がございます S:総丈65cm メーカー品番: ポリエステル100% ポリエステル40% ビームス COURT ナイロン100% チュールスカート
著者
髙久 宏佑 諸澤 崇裕
出版者
一般社団法人 日本生態学会
雑誌
保全生態学研究 (ISSN:13424327)
巻号頁・発行日
pp.2109, (Released:2021-10-31)
参考文献数
27

日本における観賞魚飼育は古くから一般的なものであり、近年では希少性や美麗性から日本に生息する絶滅危惧魚類も取引対象として扱われるようになってきた。さらにネットオークションによる取引の増加に伴い、個人等による野外採集個体の消費的な取引の増加も懸念されているが、一方で絶滅危惧種の捕獲、流通に係る定量的データの収集は難しく、種ごとの取引現況について量的な把握が行われたことはない。そこで本研究では、環境省レッドリストに掲載されている 184種の絶滅危惧魚類の取引の実態把握を目的として、ネットオークションにおける 10年間分の取引情報を利用した大局的な集計と分析を行うとともに、取引特性の類型化を試みた。取引データ集計の結果、ネットオークションでは 88種の取引が確認された。また、全取引数の過半数以上は取引数の多い上位 10種において占められており、さらにアカメ、オヤニラミ、ゼニタナゴの 3種の取引が、そのうちの大部分を占めていた。取引数や取引額、養殖や野外採集と思われる取引数等を種ごとに集計した 6変数による階層的クラスター分析の結果では、 8つのサブグループに分けられ、ネットオークションでの取引には、主流取引型、薄利多売型、高付加価値少売型等のいくつかの特徴的な類型を有することが分かった。また、特に多くの取引が確認されたタナゴ類の中には、養殖個体として抽出された取引が多く認められる種がおり、一部の種については、他の観賞魚のように養殖個体に由来する取引が主流になりつつある可能性が考えられた。
著者
小川 順子 森 伸介 鈴木 正昭
出版者
一般社団法人 日本原子力学会
雑誌
日本原子力学会 年会・大会予稿集 2004年秋の大会
巻号頁・発行日
pp.5, 2004 (Released:2004-11-19)

一般人に原子力発電の理解を求めるために、しばしば原子力発電のリスクが様々な「生活行為のリスク」と比較される。「生活行為のリスク」は、1979年米国ピッツバーグ大学Cohenによって計算された「様々なリスクの比較表」に載っている値が一般によく使われており、原子力の広報にも役立ってきた。しかしながら、これらは25年前のしかも米国のデータで計算されたリスクである。そこで我々は、現代日本の状況に合った日本におけるリスク表に改訂することを目的に、「ガン」、「心臓病」、「自動車事故」、「火事」、「脳卒中」、「肺炎/インフルエンザ」、「エイズ」、「独身(男性)」、「独身(女性)」「喫煙」、「肥満」、「飲酒」、「自殺」、「殺人」、「航空機墜落事故」、「原子力産業」、「自然放射線」、「地層処分」、「大気汚染」、「屋内煙検知器」、「エアバッグ」の21項目のリスクについて損失寿命を算出した。
著者
Andy CRUMP Satoshi OMURA
出版者
The Japan Academy
雑誌
Proceedings of the Japan Academy, Series B (ISSN:03862208)
巻号頁・発行日
vol.87, no.2, pp.13-28, 2011-02-10 (Released:2011-02-10)
参考文献数
68
被引用文献数
115 136

Discovered in the late-1970s, the pioneering drug ivermectin, a dihydro derivative of avermectin—originating solely from a single microorganism isolated at the Kitasato Intitute, Tokyo, Japan from Japanese soil—has had an immeasurably beneficial impact in improving the lives and welfare of billions of people throughout the world. Originally introduced as a veterinary drug, it kills a wide range of internal and external parasites in commercial livestock and companion animals. It was quickly discovered to be ideal in combating two of the world’s most devastating and disfiguring diseases which have plagued the world’s poor throughout the tropics for centuries. It is now being used free-of-charge as the sole tool in campaigns to eliminate both diseases globally. It has also been used to successfully overcome several other human diseases and new uses for it are continually being found. This paper looks in depth at the events surrounding ivermectin’s passage from being a huge success in Animal Health into its widespread use in humans, a development which has led many to describe it as a “wonder” drug.(Contributed by Satoshi OMURA, M.J.A.)
著者
高田 知紀 梅津 喜美夫 桑子 敏雄
出版者
公益社団法人 土木学会
雑誌
土木学会論文集F6(安全問題) (ISSN:21856621)
巻号頁・発行日
vol.68, no.2, pp.I_167-I_174, 2012 (Released:2013-01-30)
参考文献数
32
被引用文献数
1 1 5

東日本大震災では,多くの神社が津波被害を免れたことが指摘されている.本研究では,日本の神社に祀られる祭神の多様性は,人びとの関心に応じた差異化の結果であるという仮説から,宮城県沿岸部の神社についてその祭神と空間的配置に着目しながら被害調査を行った.祭神については特に,ヤマタノオロチ退治で知られるスサノオノミコトに着目した.スサノオは無病息災の神として祀られることから,洪水や津波といった自然災害時にも大きな役割を果たすと考えられる.また,地域の治水上の要所に鎮座していることが多い.東北での調査から,スサノオを祀った神社,またスサノオがルーツであると考えられる熊野神社は,そのほとんどが津波被害を免れていることを明らかにした.この結果は,地域の歴史や文化をふまえたリスク・マネジメントのあり方について重要な知見を提供する.
著者
嵩原 広宙 田中 秀樹 岩城 達也
出版者
Japan Society of Kansei Engineering
雑誌
日本感性工学会論文誌 (ISSN:18840833)
巻号頁・発行日
pp.TJSKE-D-17-00030, (Released:2018-02-09)
参考文献数
22

Emotional state before sleep affects the subsequent sleep onset. The purpose of this study was to investigate how positive/negative emotion before sleep effected hypnagogic state. The movies eliciting positive or negative emotion were presented before sleep. Hypnagogic imagery was recorded as a probe of emotional experience and EEG microstate analysis was used for finding the emotion related EEG activities. The score of emotion ratings for hypnagogic imagery indicated that positive emotion was reported in not only positive condition but also in negative condition. This implied that hypnagogic state might be accompanied by positive emotion. Comparing the appearance of maps obtained from microstate analysis between conditions, the map of right temporal activity was significantly greater in positive condition while the map of the left frontal activity was greater negative condition. These results suggested that the emotion not just in presleep but also in hypnagogic state was involved in sleep onset process.
著者
武田 宗和 名取 恵子 諸井 隆一 原田 知幸 矢口 有乃 稲垣 伸洋
出版者
日本腹部救急医学会
雑誌
日本腹部救急医学会雑誌 (ISSN:13402242)
巻号頁・発行日
vol.33, no.4, pp.735-739, 2013-05-31 (Released:2013-07-26)
参考文献数
10

要旨:【症例】37歳飲酒歴のない女性。意識障害で発見され救急搬送,既往は躁鬱病と境界型人格障害。来院時ショック状態で下血を認め,緊急下部内視鏡検査で直腸から左側結腸まで全周性・連続性の発赤とびらんを認めた。翌日,薄めたウオッカ約1L(推定アルコール濃度49%)を自ら注腸したことが判明,虚血性腸炎に準じ保存的治療を選択。8病日の内視鏡検査では直腸からS状結腸までは粘膜の修復が認められ保存的治療を継続した。4週間後,下行結腸の高度な腸管狭窄を合併したため,本人との話し合いの結果,横行結腸に人工肛門を造設することとなった。【考察】過去の報告では,アルコール注入による直腸結腸炎は保存的治療で治癒することが多いとされる。本例は高濃度のアルコールが大量に注入され広範囲に腸管が傷害された上にショック状態に陥り,腸管虚血をきたしその治癒過程で腸管狭窄を合併したものと推察された。本例における治療方針に関する問題点をふまえ文献的考察を加え報告する。
著者
近江 龍一 西原 陽子 山西 良典
出版者
人工知能学会
雑誌
人工知能学会全国大会論文集 (ISSN:13479881)
巻号頁・発行日
vol.31, 2017

Web上に投稿される情報の中には青少年にとって有害な情報,特に猥褻な意味を持つ言葉は直接記述されず暗喩により表現されることが多い.本研究の目的は暗喩を用いて表現されている有害な文に対してフィルタリングを行うことである.提案手法では有害表現が含まれる文をドメインごとに機械学習し有害表現の分類器を作り,有害表現をフィルタリングする.提案手法の有用性を評価する実験をR-18指定の小説を使い行った.
著者
酒向 貴子 川田 伸一郎 手塚 牧人 上杉 哲郎 明仁
出版者
国立科学博物館
雑誌
Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series A Zoology (ISSN:18819052)
巻号頁・発行日
vol.34, no.2, pp.63-75, 2008-06

The distribution of latrines of the raccoon dog, Nyctereutes procyonoides, was examined from July 2006 to December 2007 in the Imperial Palace grounds, Tokyo, Japan. The raccoon dog is accustomed to defecate at fixed locations, forming holding latrines; thus the distribution of latrines is a good indicator of their abundance. The results suggest that the latrines are widely scattered in the study site, but are more dense in the Fukiage area, where an old-growth broad-leaved forest is established. The latrine sites are used more frequently from September to December, as the number of fresh feces increased in the autumnal season. To examine the seasonal food changes of the raccoon dogs, 10 pieces of feces from some latrines were collected every month and analyzed the indigestible contents in the sampled feces. The food items identified consisted of animal, plant and man-made materials, suggesting that the raccoon dogs were highly omnivorous. The animal materials found from the feces included mammals (4% of total feces), birds (37%), reptiles (2%), amphibians (3%), insects (95%), chilopods (56%), isopods (2%) and gastropods (12%). Invertebrates were the most abundand food item throughout the year. Three coleopteran families, the Carabidae, Staphylinidae and Scarabaeidae, accounted for a large proportion of the insects and they showed seasonal fluctuations. These suggest that the raccoon dogs fed on them as major animal food resources in the study site, and perhaps the seasonality is related to the temporal changes of availability of the insects. The majority of plant materials found in the feces was a variety of seeds, suggesting that the raccoon dogs fed on berries and fleshy fruits throughout the year. The occurrence of seeds decreased from March to April, which coincided with a low availability of fruits. The seeds found in feces were categorized into three types : (1) the short-term berry type including Prunus (Cerasus) spp., Moms spp., Rubus hirsutus and Machilus thunbergii, which occurred only a short term after their fruiting periods ; (2) the long-term berry type, including Celtis sinensis, Aphananthe aspera and Swida controversa, which occurred continuously for three or more months after the fruiting periods ; (3) the acorn type, including Castanopsis spp., Quercus spp. and Ginkgo biloba, which occurred in early spring (January to April) when the other fruits are scarce. The seasonal change of the three fruit types implies that the raccoon dogs consume the available fruits in relation to the successive fruiting periods. The proportion of artificial materials found in the feces was considerably lower than in previous studies carried out in the suburbs of Tokyo, suggesting that the raccoon dogs in the study site strongly depend on natural foods. Most of the natural food items were native to Japan since the past Edo period. Thus we conclude that the preservation of biodiversity in the Imperial Palace grounds was essential for the re-colonization by the raccoon dogs of the Tokyo metropolitan area after the 1970s.
著者
松阪 崇久
出版者
日本笑い学会
雑誌
笑い学研究 (ISSN:21894132)
巻号頁・発行日
vol.25, pp.90-106, 2018 (Released:2018-12-27)

動物ショーやテレビ番組に出演するチンパンジー・パンくんの映像作品を用いて、パンくんの感情表出についての分析を行った。映像作品でのパンくんは、着衣で二足歩行を行うことが多く、自然なチンパンジーの姿とは大きく異なっていた。テレビ番組用の映像と動物ショーの本番の映像では、それ以外の動物園などでの映像と比べて、チンパンジー本来の姿とのズレが大きく、感情表出に関しては、ポジティブな笑顔や笑いの表出よりも、恐怖・不安・不満といったネガティブな表出が多い傾向があった。とくにテレビ番組では、パンくんに試練を課し、不安やストレスを与えるシーンもしばしば見られた。このようなパンくん自身の感情表出以外に、テロップ、ナレーションや、チンパンジーの音声の追加によって、パンくんの感情を演出または改変する場面もあった。以上の結果を元に、ショーやテレビにチンパンジーが出演することの問題点について議論した。また、動物の福祉を考える上で、笑いや遊びに注目する意義について考察した。
著者
板屋 民子 飯島 正雄 斉藤 貢一 正木 宏幸 青木 敦子 斎藤 章暢 安藤 佳代子 徳丸 雅一 坂東 正明
出版者
Japanese Society of Food Microbiology
雑誌
食品と微生物 (ISSN:09108637)
巻号頁・発行日
vol.8, no.4, pp.203-212, 1992-03-20 (Released:2010-07-12)
参考文献数
10

A large number of Photobacterium phosphoreum (6-7 log/g) was isolated from “tamagoyaki” (a kind of nigirisushi; Japanese food) that had been lumineferous in the dark. The isolates were smeared on the surfaces of sliced “tamagoyakis”. After the incubation at 10°C for 48 hr or at 25°C for 24 hr, the surfaces became luminous. It was indicated that this abnormality of “tamagoyaki” was caused by contamination with and multiplication by P. phosphoreum.On the surface of “tamagoyaki”, the bacteria in an early growth phase in such a small number as 4 log/g luminesced. Furthermore, the luminescence was observed when pieces of squid, boiled prawn or “yakichikuwa” (a kind of food made of fishes) with the bacteria were incubated, but not observed on pickled Japanese gizzard shad. Nevertheless the the bacteria grew on the surface of tuna, but no luminescence was observed on it.The bacteria produced a small amount of histamine on squid and tuna (less than 250μg/g), and their ability to putrefy food seemed to be low.The opitmum concentration of sodium chloride for growth of the bacteria in a medium was 3%, but they grew in food containing sodium chloride less than 0.5%. When sodium chloride in the medium was replaced by potassium chloride, calcium chloride, magnesium chloride, ammonium chloride or sodium phosphate, the bacteria were still able to grow but unable to grow when replaced by potassium phosphate or sucrose. The bacteria metabolized arginine by arginine decarboxylase but not by arginine dehydrolase.
著者
多和田 友美 伊香賀 俊治 村上 周三 内田 匠子 上田 悠
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会環境系論文集 (ISSN:13480685)
巻号頁・発行日
vol.75, no.648, pp.213-219, 2010-02-28 (Released:2010-06-07)
参考文献数
18
被引用文献数
6 5

Various researches highlight that indoor air quality affects performance of workers in offices. Although good indoor air quality improves work performance, it also increases energy consumption. In this study, we achieved a field survey in a real office in order to investigate the relationship between thermal environment, productivity, and energy consumption. In addition to the monitoring of indoor environmental quality and energy consumption, subjective experiments were conducted. In order to evaluate subjective performance, workers and students responded to questionnaires, and to evaluate objective performance, students simulated three types of office works. By calculating room temperature and worker's subjective performance, we demonstrate the correlation between room temperature and worker's performance (R2=0.22, p

投稿収集状況(14日間)

ソーシャルメディアの情報をもとに、学術文献のインパクトを測定するサイトです。591,538件の学術文献の詳細情報を収集済みです。